法のプロにはかなわないと思った経験談

検索フォーム
最近の記事
法のプロにはかなわないと思った経験談

遠くに住む年とった一人暮らしの親が・・・[女性 39歳]

法のプロにはかなわないと思った経験談
遠くに住む年とった一人暮らしの親が、火の不始末を起こして近所に迷惑をかけたらどうなるのだろうと心配している友人のために、街の法律相談についていったことがあります。本当は、友人が親と一緒に住めたら一番いいのですが、友人は親と離れた土地での生活が確立していて、なかなかそうもいかなく、しかし心配なので法律家に聞いてみようということになったのです。

ふだんは気づいていないものの、探してみると、いろいろなところで法律相談というものは開催されていました。
たまたま無料で相談ができる催しがあったので、電話で予約を入れていざ相談へ。私たちの当を得ない相談内容にも法律家の人はきちんと耳を傾けてくれました。

答えは早く出て、火災を起こして隣近所に延焼があったとしても、隣近所まで広がってしまった火災は火の元の家に賠償をせまられるわけではないのだそうです。
友人は一安心していました。

しかし、ずっともやもやしていた友人の悩みが、あっといまに解決したので、法のプロにはかなわないと思いました。

注目の情報

Copyright (C)2017法のプロにはかなわないと思った経験談.All rights reserved.