法のプロにはかなわないと思った経験談

検索フォーム
最近の記事
法のプロにはかなわないと思った経験談

法のプロにはかなわないと思った経験は・・・[男性 39歳]

法のプロにはかなわないと思った経験談
法のプロにはかなわないと思った経験は、土地の所有権を巡って争った時に相手方に弁護士が出てきた時です。
\r\n\r\n「お前の家の庭の一部は自分の土地だ」と隣りの土地の持ち主が主張して来た事が有り、私は中古でその家を買い、敷地に関する書類も全て持っていますから、「そんな事は無い」と追い返しました。
\r\n\r\nすると数日後に今度は弁護士を連れてきて、私の家の一部が隣りの人の所有だと説明をされ、裁判で争うと言われました。
こちらの意見を主張しても反論されますし、弁護士には勝てませんから「後は法廷で」と追い返しました。
\r\n\r\n自分で法廷に立って弁護する手も有りましたが、親戚に弁護士の叔父さんが居たので相談をすると家に来てくれ、書類を見ながら「任せておけ」とだけ言ってくれました。
\r\n\r\n弁護士の叔父さんは相手の所に行き、相手の弁護士とも話しをしたそうで、相手方の主張は言いがかりに近い物らしく、逆に私に迷惑を掛けたお詫びとして慰謝料の支払いの約束を取ってきました。
\r\n\r\n自分一人ではそのような形に持っていく事は出来ませんでしたし、いろんな意味で法のプロにはかなわないなと思った経験でした。

注目の情報

Copyright (C)2017法のプロにはかなわないと思った経験談.All rights reserved.