法のプロにはかなわないと思った経験談

検索フォーム
最近の記事
法のプロにはかなわないと思った経験談

 どんな仕事でもプロというのはすごいものだなと実感させられます・・・[男性 52歳]

法のプロにはかなわないと思った経験談
 どんな仕事でもプロというのはすごいものだなと実感させられます。特に法律のプロというのは、その知識や判断力が素人とは比較になりません。もちろん医師は技術者という仕事も素人とはかけ離れた知識を持っていますが、専門性が高すぎてそもそも素人が太刀打ちしようとは思わないものです。
\r\n しかし法律の分野は、素人でも知識をつければ何とかできると思いがちなものです。
おそらくわかりやすい言葉で解説した書籍などの情報に触れたり、大学で基礎的な知識を学んだ人が多くいるからでしょう。\r\n しかしプロの法律知識とは、単に条文を知っているだけではなく、その解釈や判例などの前例を頭に入れた上での運用なのです。
法律ではこう決まっているのではないかと素人判断で迫っても、プロの側では諸々の条件や最新の判例などを駆使して論破してきますから、絶対にかなわないものなのです。
\r\n それくらいでなければ、法律のプロ同士の戦いである交渉や裁判を乗り切ることはできませんし、我々素人も安心して任せることはできませんけれども。

注目の情報

Copyright (C)2017法のプロにはかなわないと思った経験談.All rights reserved.