法のプロにはかなわないと思った経験談

検索フォーム
最近の記事
法のプロにはかなわないと思った経験談

法のプロにはかなわないと思った経験談ですが・・・[男性 40歳]

法のプロにはかなわないと思った経験談
法のプロにはかなわないと思った経験談ですが、私の場合には弁護士と話をしたことがあります。自分では法律を少しかじった知識と理詰めで話をしますが、そこは相手は弁護士。さすがに法律の解釈はすごいと思いました。
弁護士は法のプロなので、そこにおいて優れているのは当然のことですが、担当弁護士はそれを私たちにいかに味方になるように解釈してくれ、主張してくれるかということです。
そこに全力を尽くしてくれます。法のプロの腕にはかなわないと思いました。
また、すごいと思うのは判例を実によく知っていることです。
法の世界は常識だけで勝つことはできません。やはり過去の判例が大きな影響を及ぼしますので、そこについてはやはり法のプロである弁護士の力が必要だと思っています。法のプロは裁判官もそうです。
この裁判官については高い見識を持っていると思いますが、今まで接したことはあります。しっかりと説明する姿はさすがに法のプロだと思ったこともあります。

注目の情報

Copyright (C)2017法のプロにはかなわないと思った経験談.All rights reserved.