法のプロにはかなわないと思った経験談

検索フォーム
最近の記事
法のプロにはかなわないと思った経験談

自分は法律のお世話になったことがないと思っている方も多いでしょうが、実は日常生活のあちこちで法律に関係していることがいくつもあります・・・[男性 57歳]

法のプロにはかなわないと思った経験談
自分は法律のお世話になったことがないと思っている方も多いでしょうが、実は日常生活のあちこちで法律に関係していることがいくつもあります。\r\nそれが問題となった時、初めて法律のことを意識するわけです。
\r\n例えば敷金は、転居する時にかえってくると誰もがあてにしているはずです。
\r\n私もかなりあてにしていました。
\r\nそれが、さまざまな理由をつけて返せないというのです。
\r\nこんなにキレイに住んでいたのに、返還されないなんておかしいと思ったのです。
\r\nそこで、返還請求をすることにしました。
\r\nネットで調べたところ、まず貸主に内容証明を送らないといけないようです。
\r\n見よう見まねで書いてみたのですが、どうもしっくりしません。\r\n子供が用件を伝えているだけのように見えるのです。
\r\nそこで、知り合いの弁護士にアドバイスをもらったところ、書き直してやると言ってくれました。
\r\n出来上がった内容証明を見て、そのあまりの違いように驚きました。
\r\n確かに、これなら威厳がある感じがすると感銘をうけました。
\r\nさすが、素人がいくら真似しても、法のプロにはかなわないものですね。

注目の情報

Copyright (C)2017法のプロにはかなわないと思った経験談.All rights reserved.