法のプロにはかなわないと思った経験談

検索フォーム
最近の記事
法のプロにはかなわないと思った経験談

母が遺産相続で兄弟とモメてた時・・・[女性 49歳]

法のプロにはかなわないと思った経験談
母が遺産相続で兄弟とモメてた時、途方に暮れて弁護士に相談してみたら、あっさり解決できたので、プロにはかなわないなと思いました。
私も散々、揉め事に付き合わされ、母にも泣かれて大変だったけど、もっと早くに相談しとけば良かったと思いました。
祖父と祖母が相次いで他界したので、急に遺産相続の問題が起こったんです。
祖父母を長年、介護してきたのは、母の兄である長男だったので、遺産も全て自分がもらう権利が有ると言うんです。
祖父母の残した預金などの通帳も全く見せてくれないし、自分で勝手に遺産分割協議書を作成して、母たち兄弟に署名捺印しろと一方的に言って来たんです。
遺産は兄弟で話し合って分けようと言ってるのに、聞く耳を持たずと言う態度でした。
そんな勝手な言い分が通るのか?どうしても納得が行かず、母と私は弁護士さんに相談したんです。
遺産は相続人全員に公平な相続権が有るとのことなので、通帳を隠して見せないなどの行為は、法的には通らないそうです。
だから金融機関に開示請求が出来ると教えられ、手続きを取ってもらい、預金の出入りや残高も確認することが出来ました。
また弁護士に間に入ってもらったら、長男も話し合いにも応じるようになったんです。

注目の情報

Copyright (C)2017法のプロにはかなわないと思った経験談.All rights reserved.